愛知県豊橋市・豊川市・田原市・蒲郡市・新城市で、リノベーション・リフォームをお考えの方はご相談ください!

リノベスタイルの家
リノベスタイルの家
リノベスタイルの家
リノベスタイルの家 リノベスタイルの家
リノベスタイルの家 リノベスタイルの家
リノベスタイルの家

愛知県豊橋市・豊川市・田原市・蒲郡市・新城市で、リノベーション・リフォームをお考えの方はご相談ください!

 

HOME | リノベーション体験記

築35年の古家を1軒まるごとリノベーション体験記

実家の建て替えは思い出を残すリノベーションで使い勝手と耐震・断熱性能もUP

リノベーションは建て替えと比べて2/3の工事費で抑えることができます。

1, 実家(古い家)を相続してみて

愛知県は全国で2番目に相続が多い土地柄なんです。ちなみに1番目は東京都。ここ東三河も持ち家が多く、農家をされている家、家業を継ぐ家と土地を持ち暮らしている人が多い場所です。
私の両親もここで育ち年を重ねてきました。わたしもまたこの地で暮らしています。そろそろ代替わりで親が元気なうちに色々と準備をしておく必要があると感じています。

この年になると親の年齢もあり、相続について具体的なことを考えます。わたしは奥さんと子供2人の4人家族で、両親は実家に今も暮らしています。

2, 固定資産税と家のメンテナンスが悩ましい

相続してみてわかる現実。
家を維持するためにはメンテナンスが必要なのはわかっています。気になることろをあげるとキリがなく、どこから手をつけて良いのか、予算もあることで簡単に結論を出せずにいると、問題を先送りしているだけのことになります。
また毎年くるのが固定資産税です。「住まない家」をどうすれば良いのか?

3, 解決策として売却を検討してみて

メンテナンスに税金、考えると面倒になることが多く、いっそのこと家を売ってスッキリした方が楽でいいと考えたりもします。

家を売った経験なんてある訳もなく、身近なところで不動産屋に相談してみることにした。
家の価値、相場はいろいろな条件からなると想像はつくが、我が家の価値はいくらなのか?不動産屋から出てくる金額に期待してみよう。

4, いざ売ろうと思ったら。価格が安くて売ることを迷っているときに…

期待していた金額とはならず、喜んで手放すこともできないでいる時に「棚から餅」が落ちてきた。
すべてのことは検索から始まると、ある作家が言っていたが「検索窓」は凄い力をもっていた。
検索窓に「古い家」とタイプすると、その後ろにいくつかの候補があらわれる。その中から「リノベーション」を選ぶと、おしゃれな家とボロボロの家の写真とが一緒に出てきた。
「えっ、新しくできるの?」

5, 「リノベーションって何?」参考にするモノを探し見つけた

古い家が蘇る、かっこよく。
家のメンテナンスは知っていたが、まるっきり新しくする方法は知らなかった。
一部分をキレイしたのではなく、キッチンもお風呂もトイレも最新の設備。隙間風が吹き込んでいた窓も二重サッシに変わり、快適さがアップしている。
「本当にできるの?うちの家でも、きっと値段も高いよね。」

6, 実際にリノベーションした家を見ることができて考えが変わった

「きっと高い。古い家を壊して新しくするんだから絶対に大変だよ。」
リノベーション展示場へ向かう車の中で、そんな会話をしながら現地に到着。
外から見る感じでは和風の感じだけど、建物の中はどうなの?
以外にも洋風で窓も大きく開放感がある。
我が家の窓はこんなに大きくない。でも1箇所斜めに金属の棒が入っいてる。
「これが耐震構造なんだな。」だとすると我が家の窓も大きくなりそうだ。

7, 売却もいいけどリノベーションして住み続けることの方が良さそう

キッチンはどうかな。流し台も広い、トイレもフタが自動で開け閉めして最新。お風呂も暖房が効いてヒートショック対策も万全。玄関もスロープになってバリアフリー対応か。書斎もあって収納も十分ある。
でもここまですると費用がかかるかな?

8, 見積もりは無料なのでお願いしたらリノベーションがわかってきた

我が家を売っても思ったより安いし、そのままにしておく訳にもいかないし。
リノベーションが魅力的なのはわかってきたけど、気になるのは費用かな。
いくら良くても高ければ…
一応、ここまで来たんだし相談してみよう。
「えっ、そうなんですか。建て替えと比べて2/3の工事費で。」

9, リノベーションって、新しい価値観から生まれた今どきの住宅なんだ

リノベーションの価値がわかってきた。
新しい家も良いけど、家族の思い出を残しながら最新の技術と設備で快適になるのはやっぱり良い。住む環境が変わらないのも嬉しいし、お財布にもやさしい。
受け継ぐ家を大切にしていきたいと思う気持ちが強くなる。
なにより両親の笑顔がうれしい。

まとめ

なんでもわからないことが多いと、一歩引いてしまいますよね。
今回は自分から少し情報収集をしてみた結果、リノベーションについて知る機会を得ましたし、実際にリノベーション展示会場に足を運んでみて考えが変わるきっかけにもなりました。
住み慣れた我が家を私たちがどのように受け継ぐのか。
家を受け継ぐ大切さや、工事に関わる人の想いが家づくりには大切だと感じました。

リノベーションを体験して感じたこと。

・古さは良き財産で、わざわざ変えなくてもいい。
 「そのままがいい。」
・住宅設備は最新が気持ちいい。
・地震に対しても補強して強くすることができる。
・間取りも結構自由になりそう。
・両親の生活を考えるとバリアフリーは絶対必要。
 「自分たちの将来もあるしね。」

リノベスタイルの家
リノベスタイルの家
資料請求・お問い合わせ

多米展示場

築35年 床面積26坪

多米の家は、「性能UP・快適UP・収納UP・+デザイン」のリノベーションをしました。

 
この建物は築35年の木造住宅です。工事前の床面積は25.2坪、少し増築をして26坪になっています。土地の面積は約45.5坪です。以前は、昭和の代表的な和風の住まいでした。駐車場も軽自動車を2台止めるのが限界でした。リノベーション前の家は、昔ながらの間取りの住まいでキッチン6帖、リビング6帖、和室6帖の小さく仕切られた家でした。
 

曙展示場

築34年 床面積27坪

曙の家は、「建て替えを考えている方に見てほしい」リノベーションをしました。

 
この建物は築34年の木造住宅です。延べ床面積は27坪、土地の面積は約38.3坪です。以前はご高齢のご方が住んでいました。 リノベーション前の家は部屋が小さく仕切られており、1階には台所、6帖の和室と水回りがあり、2階には小さな個室が4部屋の間取りでした。
台所が北側の奥にあってとても暗く、居間が孤立していて生活動線が悪く、昔ながらの家でした。
 

中岩田展示場

築41年 床面積20.5坪

中岩田の家は、今人気の「平屋の建物」をリノベーションしました。

 
この建物は築41年の木造住宅です。工事前の床面積は18坪、少し増築をして20.5坪になっています。土地の面積は約82坪です。以前は平屋の借家が2棟建っていました。道路側の一棟を解体処分して、ドッグラン等に使えるよう十分なスペースをつくりました。
リノベーション前の家は部屋が小さく仕切られていて、台所や浴室、洗面所、トイレ等も狭く昔ながらの家でした。
 

住みなれた家をリノベーションで再生 最新技術で性能と住みやすさが向上 費用も削減
リノベーションは建て替えと比べて思い出を残し、2/3の工事費で抑えることができます
耐震・断熱性能、デザインを新築同等にリノベーションする戸建て全面リフォーム
実家の建て替えは思い出を残すリノベーションで使い勝手と耐震・断熱性能もUP
二世帯リフォーム・建替えとリフォームで迷っている方、是非ご相談下さい
リノベーションするなら|リノベスタイルの家 -レオック-

子育て 2世帯 土地探し 耐震補強 断熱性能 収納2倍 住宅プラン 住まいの再利用 夫婦・親子2世帯 築年数 建て替え 固定資産税 使い勝手と間取り 趣味の部屋 実家のリフォーム 住み替え 住まいの再生